【期間限定公開】交流回路の計算問題特訓

単相交流回路と単純な三相交流回路で点数を稼ぎたいけど、いまいち解き方が分からないと悩んでいるなら、期間限定公開中計算問題特訓記事&動画で解けるようになってください!

無料会員へ今すぐ登録して、交流回路の計算問題特訓記事を読んで、解き方動画を観る。
会員登録の方法・手順の説明はこちらから

問3~問5の交流回路問題で6点確保!

筆記試験日まであと3週間になりましたが、筆記試験の学習進捗はどんな感じでしょう?過去問は 60点を超えるようになったでしょうか?

学習を進めているあなたはすでにご存じだと思いますが、問1~問10は計算問題がメインで、特に問2は直流回路、問3~問5は交流回路の指定席になっています。

この直流・交流回路の問題は、計算問題が得意な人にはサービス問題ですが、苦手な人にとっては鬼門。参考書などによっては、「学習に時間のかかる計算問題は捨てて、他の科目で稼いだほうが合格に近い」なんて解説している本もあります。

し、か、し、問3~問5で出題される単相交流回路、三相交流回路の問題は、出題パターン・解き方が完全にパターン化しています。

問3 単相交流の直列接続回路

問4 単相交流の並列接続回路

だから、パターン化している解き方をマスターできれば、合格点 60点のうち、3問分 6点を確保することができますい。これは、でかい!解かない手は無い!!

しかし、もしかしたら、あなたは今、こんな悩みを抱えているかもしれません。

  • 参考書では直角三角形を使えば解けるみたいな解説だけど、なんで直角三角形で解くの?
  • 直列接続回路は解けるけど、並列接続は間違えてしまう
  • 抵抗とコイルのリアクタンスが決まっているときは解けるけど、ひねった問題になると解けない
  • 電源電圧が 100V なのに、直列につながっている抵抗とコイルにかかっている電圧が 80V と 60V って…なんで 100Vを超える????
  • 力率が分かるような分からないような…

でも、大丈夫。

ふくラボの交流回路の計算問題特訓記事を読んで、解き方動画を見て、解き方をマネて数問解けば、問1~10までの計算問題で 6点を確保できるようになります!

無料会員へ今すぐ登録して、交流回路の計算問題特訓記事を読む。
会員登録の方法・手順の説明はこちらから

複素数

「でも、さぁ。ふくラボの交流回路問題の解説って、たしか複素数ってやつを使ってるでしょ?複素数と聞いただけで頭痛くなるから、無理無理」

もしかしたら、あなたは今、このように感じているかもしれません。

たしかに、ふくラボの過去問解説では、「複素数」を利用した解法を解説しています。

でも、大丈夫。

交流回路の問題を解くための「複素数」というやつは、実は「札幌市街の地図・住所」と同じ、なんです(写真は札幌の交差点)。

だから、札幌市街の住所を聞いて、札幌の地図を見ならが目的地、例えば札幌時計台にたどり着ける自信がある人は、必ず「複素数」は理解できます。だから安心してください。

もし地図が読めないという場合…無料会員への登録はリスク無しなので、お試ししていただければ…

無料会員登録はこちらから
会員登録の方法・手順の説明はこちらから

無料会員で読める期限は9月14日まで

無料会員で交流回路の計算問題特訓記事を読めるのは 9月14日までにさせていただきます。

期間限定にするのは、計算問題は暗記問題とは異なり、試験直前になって慌てて学習しても、中途半端な練習では解けるようになりません。解けるようにならなければ、あなたの貴重な学習時間を浪費してしまうことになります。

解けるようになるには、やはり集中して解説を読み問題を解く、これを繰り返す必要があります。

そのため、あなたに直流・交流回路で6点を確保してもらうために、試験日までまだ(少し)余裕のある早い時期に、落ち着いて取り組んで欲しいからです。

すぐに記事を読んで動画を観て練習して、計算問題で6点を確保してください!

無料会員登録はこちらから
会員登録の方法・手順の説明はこちらから

なお、有料会員、対策セミナー受講者の方は、筆記試験日まではご覧いただけます。

タイトルとURLをコピーしました