第一種電気工事士 筆記試験対策セミナー

第一種電気工事士筆記試験 対策セミナー

今年度第一種電気工事士に合格したいあなたへ


6月14日から第一種電気工事士試験の申し込みが始まりましたが、あなたは現在、合格までの道のりのどの地点にいるでしょうか。

  • 学習を始めたばかり
  • 技能は仕事でやっているので不安はないが、筆記はからっきし
  • 仕事の合間しか勉強できず、なかなか進まない
  • 過去問で、まだ合格点(60点)に達しない
  • 昨年筆記に不合格で、今年はなんとしても合格したい
  • 昨年、筆記には合格したが、技能で不合格。筆記を受けなくて済むから、早めに技能の練習をしたい

もし、あなたが独学での学習では筆記試験に不安を感じているならば、ふくラボエレクトリックの対策セミナーをお試しください。

■ 2カ月間の学習で過去問 60点を視野に
私の去年の技能試験対策の経験から、個別練習(ランプレセクタプルに電線を接続する練習等)は8月中旬、お盆頃には始めたほうが絶対良いと実感しています。このためにも、過去問60点の達成は2カ月間で済ませたほうが良いと真剣にあなたにお伝えします。

そこで、独学での学習が苦手な方、合格に不安がある方に、2カ月間で過去問60点を達成していただけるように、本セミナーでは、ふくラボの無料対策サイトとは異なり、解説記事を厳選し、また1つの項目を集中的にマスターできる構成にしてあります。

ふくラボエレクトリックでは、あなたの合格を全力サポートします!

お問合せ

お申込み Aコース
お申込み Sコース
注:Sコースの早期割引は6月18日(金)まで

セミナー内容

セミナーは具体的にどのような内容なのか、ご紹介いたします。

■ 学習方法の改善
電気工事士筆記試験のように、出題範囲が狭く、合格率が高い場合、いろんな学習方法で合格できます。しかし一方で、出題範囲が狭く、正誤問題が多い試験では、やってはいけない学習方法があります。勉強すればするほど、誤った知識をインプットする可能性があります。このことについてあなたに納得していただきます。

そして、「ペーパーテスト、資格試験の勉強が苦手、勉強しても点数がなかなか合格ラインに達しない。」このように悩んでいる人には学習方法にいくつかの共通点があります。それをあたなにお伝えし改善してもらうことで、学習成果が早く上がり、合格ラインの60点にぐっと近づきます。

■ 合格への最短ルート
本セミナーでは、セミナー開講日初日にすべての資料・解説を公開せず、次の順序で順に公開していきます(受講者様のご要望で、若干変更があるかもしれません)。

0.学習法

1.高圧受電設備の単線結線図
2.高圧受電設備
3.高圧工事
4.低圧工事

5.法規
6.電気機器・回路
7.発電・送電
8.検査
9.モータ制御
10.計算問題(直流・交流回路他)

一度にすべての資料を公開しないのは、まず、学習効果の上がりにくい学習方法をやっていないかを診断してもらい、改善していくことで、今後のあなたの点数アップのスピードを上げる土台を作ってもらいます。

それから、出題頻度が高く、合格に必須である範囲(上記の1~4)を集中的に学習しマスターしていただく。その後、あなたの得意分野・苦手分野を見極め、伸ばす。

この方法で、あなたに合格点60点+10点(安全圏)を狙っていただくのが合格への最短ルートだと考えています。

それを達成するために、順番に公開していきます。

■ 無料サイトよりも突っ込んだ解説・攻略法
現在、ふくラボでは第一種電気工事士筆記試験対策をサイトにて無料で公開しております。

ペーパーテストが得意な方は、この無料サイトでも十分合格が狙える内容だと自負しております。ただし、どなたでもご覧になれるため、「間違った内容」「不正確な知識」は記述しないようにしています(誤記はあるかもしれませんが…)

これに対し、実は「不正確ではあるけども、問題の正解にたどり着くにはこういう風に考えればいいよ」という、ふくラボ独自の裏技的な知識・攻略法があります。これは、不正確であり、第一種試験以外には使えないこともあり、一般には公開できません。

その独自の知識・攻略法を、セミナーでは公開、あなたにお伝えします。

■ 完全個別指導(Sコース)
公開する資料・カリキュラムは共通ですが、学習の進み具合や理解、また、得手不得手の分野は異なります。

そのため、チャットワークで個別にご対応いたします。

質問等は 365日 24時間受け付けています。また、やりとりが他の受講生の方に知られることもないので、「今さらこんなこと聞いたら…」と悩むことなく、お気軽にご質問、ご相談ください。

セミナー開講日程

開講日:6月18日(金)
終了日:10月3日(日) (第一種電気工事士筆記試験日)

コースの概要

■ Aコース
Aコースは、いわゆる「ペーパーテスト」が得意で独学での学習で十分だけど、無料サイトよりも詳しい解説、解き方のコツ、裏技の攻略法が知りたい、という方にお勧めです。

価格: 9,980円 (税込)

■ Sコース
Sコースは、今年必ず合格したい、独学では不安、分からないところを質問したい・教えてもらいたい、という方にお勧めのコースです。

チャットワーク(chatwork)を使い、マンツーマンで、あなたの筆記試験合格をサポートいたします。

また、このコースを申し込みいただいた場合、技能試験対策セミナーを割引料金で受講できます。

なお、このコースをお申込みいただいた方全員に合格のための十分なサポートを行うため、このコースは上限20名までとさせていただきます。

価格:17,980円 (税込)

早期割引のご案内

Sコースの早期割引は終了いたしました。

お祝い金

本セミナーを受講し、第一種電気工事士に合格(技能試験も合格)した方で、お客様の声をお送りいただいたときには、合格お祝い金として、amazonギフト券などの電子ギフト券を贈呈いたします。

お申込み・お問合せ

お問合せ

お申込み Aコース
お申込み Sコース
注:Sコースの早期割引は6月18日(金)まで

よくある質問 Q&A

Q: 会費の支払いは銀行振り込みでもできますか?

A: 現在、PayPal 以外での会費の支払いはできません。
Paypal は、20歳以上の方であればどなたでも無料で登録できますので、登録していただき、PayPalでの会費支払いをお願いいたします。
18歳以上20歳未満の方は、保護者の方の同意があれば、PayPalアカウントを作ることができます。

Q: 受講費以外にお金はかかりますか?

A: 受講費以外にはお金はかかりません。

Q: 途中での退会・返金はできますか?

A: 退会・返金は受け付けておりません。予めご了承ください。
なお、弊社がサービスをご提供しないなど、弊社に責がある場合は、ご返金いたします。

最後に

このページの最後まで目を通していただき、まことにありがとうございます。

電気工事士筆記試験は、同じ電気系の資格である電験三種と比べると合格しやすいです。

しかし、仕事が終わった夜に、学業の合間に時間を見つけて、となると、時間を作るのも難しいですし、試験が目前に迫るまでなんかやる気が起きない、サボりたくなることもあると思います。

けれど、このコロナ禍でも電気工事士の仕事は絶対になくなりません。さらに第一種に合格すれば、転職にも有利になります。

大変なことは一緒に乗り越え、合格したときの喜びを一緒に味わいましょう。

あなたの第一種電気工事士筆記試験合格を全力でサポートいたします。

ふくラボエレクトリック運営者 福田

運営:発行元 ふくラボエレクトリック

タイトルとURLをコピーしました