【電気工事士1種】地絡継電装置付高圧交流負荷開閉器UGSの設置(H21年度問30)

問題 <H21年問30>
①に示す地絡継電装置付高圧負荷開閉器(UGS)に関する記述として、不適切なものは。

<解答の選択肢>

  1. UGSは波及事故を防止するため、電気事業者の地絡保護装置との動作協調をとる必要がある
  2. UGSは短絡事故を遮断する機能を有しないため、過電流ロック機能を有する必要がある
  3. 地絡継電装置の動作電流が、整定値の許容される範囲内で動作することを確認した
  4. 地絡継電装置には方向性と無方向性があり、他の需要家の地絡事故で不必要な動作を防止するために、無方向性のものを取り付けた

— 答え —
他の需要家の地絡事故により、自分の受電設備の地絡継電装置が動作するもらい事故を防ぐためには、地絡電流の方向が分かる方向性 DGR が適切なため、4が不適切。

【出典:平成21年度第一種電気工事士筆記試験問30】

→ PAS/UGS総合問題を繰返し練習するとき
R2年問22(PASの外観と役割)
R2年問46(PASの役割・機能)
2019年問30(UGS総合問題)

スポンサーリンク

解法と解説

方針

PAS/UGSの総合問題で難問だが、これが解ければ合格にグッと近づくので、繰り返し練習を。

ふくラボ流攻略法

柱上気中開閉器 PAS と地中線用ガス開閉器 UGS で必ず押さえるポイントは次の通り。

  1. 責任分界点と区分開閉器
  2. 需要家側地絡事故発生時、電力系統側への悪影響を防ぐ
  3. 高圧交流負荷開閉器 LBS を使用
  4. 過電流ロック
  5. 零相変流器 ZCT と 零相基準入力装置 ZPD
  6. 地絡継電器 GR または 地絡方向継電器 DGR

選択肢1の波及事故を防止は、ポイント2の電力系統側への悪影響を防ぐと同じで、正。

選択肢2の短絡事故を遮断できず過電流ロック機能は、ポイント3と4、LBSは短絡電流の遮断が原則厳禁で過電流ロックで接点開閉を防止していることと合致し、正。

選択肢3は、ポイントには明確にないので、一旦保留。

選択肢4は、他の需要家で発生した地絡事故のもらい事故を防ぐためには、地絡電流の向きを判断できる方向性の DGRが好ましいので、不適切。

まとめ

柱上気中開閉器 PAS と地中線用ガス開閉器 UGS で必ず押さえるポイントは次の通り。

  1. 責任分界点
  2. 需要家側地絡事故発生時、電力系統側への悪影響を防ぐ
  3. 高圧交流負荷開閉器 LBS を使用
  4. 過電流ロック
  5. 零相変流器 ZCT と 零相基準入力装置 ZPD
  6. 地絡継電器 GR または 地絡方向継電器 DGR

押さえるポイント数は多いが、きっちり理解し数多くの問題を得点源にしよう。

類似問題・関連記事
R2年問22(PASの外観と役割)
R2年問46(PASの役割・機能)
2019年問30(UGS総合問題)
H30年問30(GR付PAS総合問題)
H28年問30(UGS総合問題)
H27年問23(GR付PAS総合問題)
H26年問46(PASの役割)
H25年問30(UGS総合問題)
H24年問30(GR付PAS総合問題)
H21年問21(GR付PAS総合問題)
H21年問30(UGS総合問題)

PAS/UGSの解説

次なる訓練問題
前の問題(問29)
次の問題(問31)
平成21年度(2009年度)問題

タイトルとURLをコピーしました