【電気工事士1種】高圧電線路の変圧器に施すA種接地工事の電線太さ(H22年度問50)

問題 <H22年問50>
10 の部分に使用する軟銅線の直径の最小値 [mm] は。

<解答の選択肢>

  1. 1.6
  2. 2.6
  3. 3.2
  4. 4.0

— 答え —
高圧機器の金属製外箱への接地工事はA種接地工事。A種接地に軟銅線を使うときには直径 2.6 mm以上

【出典:平成22年度第一種電気工事士筆記試験問50】

スポンサーリンク

解法と解説

ふくラボ流攻略法

10 の枠は、高圧進相コンデンサの金属製外箱なので、接地工事は A種。
10 は、高圧電路に接続された変圧器の外箱部分に施す接地工事なので、その種類は A種。

接地線に軟銅線を使うときには、
直径 2.6 mm 以上の単線
断面積 5.5 mm2以上のより線

まとめ

重要点は2つ。

  • 高圧電路接続の機器の金属製外枠の接地は A種接地
  • A種の接地線は、
    ・直径 2.6 mm(以上) の単線
    ・断面積 5.5 mm2(以上)のより線

類似問題・関連記事
H30年問49(A種接地工事の電線径)
H23年問50(A種接地工事の電線径)
H22年問50(A種接地工事の電線径; この問題)
H30年問43(接地工事種類)
H29年問49(接地工事種類)
H26年問50(接地工事種類)
H24年問44(接地工事種類)

次なる訓練問題
前の問題(問49)
高圧受電設備の単線図(全体)
平成22年度(2010年度)問題

タイトルとURLをコピーしました