【電気工事士1種 過去問】設備の定期点検で実施する項目(H23年度問34)

問題 <H23年問34>
⑤に示す受電設備の維持管理に必要な定期点検で通常行わないものは。

<解答の選択肢>

  1. 接地抵抗の測定
  2. 絶縁抵抗の測定
  3. 保護継電器試験
  4. 絶縁耐力試験

— 答え —
定期点検で行わないのは絶縁耐力試験。

【出典:平成23年度第一種電気工事士筆記試験問34】
<竣工時/定期検査を繰返し練習したいあなたには>
H21年問36(竣工時/定期検査)
R2年問36(竣工時/定期検査)
H28年問34(竣工時/定期検査)

スポンサーリンク

解法と解説

方針

設備の点検は、合格必須事項をマスター後に早めに。

ふくラボ流攻略法

絶縁耐力試験は、設備竣工時に実施し、定期点検では実施しない。

まとめ

設備の点検は、合格必須事項をマスター後に早めに。

絶縁耐力試験は、設備竣工時に実施し、定期点検では実施しない。

類似問題・関連記事
R2年問36(竣工時/定期検査)
H28年問33(竣工時/定期検査)
H23年問33(竣工時/定期検査; この問題)
H21年問36(竣工時/定期検査)

・竣工・定期検査の解説

次なる訓練問題
前の問題(問33)
次の問題(問35)
平成23年度(2011年度)問題

タイトルとURLをコピーしました