【電気工事士1種】第一種電気工事士の免状を受けていなければ従事できない作業(H23年度問39)

問題 <H23年問39>
第一種電気工事士の免状の交付を受けている者でなければ従事できない作業は

<解答の選択肢>

  1. 最大電力 600kW の需要設備の 6.6kV 変圧器に電線を接続する作業
  2. 出力 500kW の発電所の配電盤を造営材に取り付ける作業
  3. 最大電力 400kW の需要設備の 6.6kV 変圧器に電線を接続する作業
  4. 配電電圧 6.6kV の配電用変電所内の電線相互を接続する作業

— 答え —
第一種電気工事士が従事できる工事は
・一般用電気工作物(二種の範囲)
最大電力 500kW未満自家用電気工作物の受電設備

このため、3「最大電力 400 kW の需要設備の 6.6 kV 変圧器に電線を接続する作業」が正解。

【出典:平成23年度第一種電気工事士筆記試験問39】

<第一種電気工事士の作業範囲を今日マスターしたいあなたには>
R2年問40(1種の工事範囲)

スポンサーリンク

まとめ

第一種電気工事士が従事できる工事で確実に記憶すべきは、

  1. 一般用電気工作物(二種の範囲)
  2. 最大電力 500kW未満自家用電気工作物の受電設備
  3. 特殊電気工事(ネオン、非常用予備発電装置)は除く
  4. 電力会社の担当設備は除く

類似問題・関連記事
R2年問40(1種の工事範囲)
H30年問38(1種の工事範囲)
H29年問39(1種の工事範囲)
H25年問38(軽微な工事)
H24年問38(軽微な工事)
H23年問39(1種の工事範囲; この問題)
・H22年問38(1種の工事範囲)
・H21年問39(軽微な工事)

・電気工事士作業範囲の解説

次なる訓練問題
前の問題(問38)
次の問題(問40)
平成23年度(2011年度)問題

タイトルとURLをコピーしました