【電工1過去問】零相基準入力装置ZPDは零相電圧を検出しDGRに伝える(H24年問41)

問題 <H24年問41>
①で示す機器を設置する目的として、正しいものは

<解答の選択肢>

  1. 零相電圧を検出する
  2. 計器用の電圧を検出する
  3. 計器用の電流を検出する
  4. 零相電流を検出する

— 答え —
①は ZPD (零相基準入力装置) で、零相電圧を検出する

【出典:平成24年度第一種電気工事士筆記試験問41】

→ ZPD問題を繰り返し練習したいあなたには
H30年問41(ZPDと零相電圧)
H28年問46(ZPDの用途)

スポンサーリンク

まとめ

DGR付 PAS を構成する主要な 4つの機器が

  1. 負荷開閉器; LBS
  2. 零相変流器; ZCT =地絡電流検出器
  3. 零相基準入力装置; ZPD =地絡電圧検出器
  4. 地絡方向継電器; DGR =地絡の向きが分かる継電器

ZPD は地絡事故が起こった時に発生する零相電圧を検出する。

類似問題・関連記事
H30年問41(ZPDと零相電圧)
H28年問46(ZPDの機能)
H24年問41(ZPDの機能; この問題)
H29年問41(ZCT)
・H21年問46(ZCT)

次なる訓練問題
前の問題(問40)
次の問題(問42)
高圧受電設備の単線図(全体)
平成24年度(2012年度)問題

タイトルとURLをコピーしました