【電気工事士1種】KIP電線(キュービクル内の機器配線用高圧絶縁電線)の断面図(H24年度問47)

問題 <H24年問47>
⑦で示す高圧絶縁電線(KIP)の構造は。

<解答の選択肢>

— 答え —
KIPはキュービクル内の機器配線用の高圧絶縁電線。絶縁被覆はエチレンプロピレンゴム(EPゴム)。答えはイ。

【出典:平成24年度第一種電気工事士筆記試験問47】

ケーブル種類を今日マスターしたいあなたには
H21年問50(ケーブル種類)
H29年問43(ケーブル種類)
H27年問49(ケーブル種類)

スポンサーリンク

解法と解説

方針

KIP電線の出題は稀。しかしCVTケーブルの断面図は頻出。消去法でKIPを選べるように。

正攻法の解説

KIPはキュービクル内の機器配線用の高圧絶縁電線。絶縁被覆はエチレンプロピレンゴム(EPゴム)。

したがって、求める断面図はイ。

ふくラボ流解法

この問題は、頻出のケーブル断面問題の答え方から消去法でいくとうまくいく。

まず、むちゃ頻出の CVT ケーブルの断面図。これを選ぶときは、CVTがなんの略か、日本語名が何かがヒント。

CVT のうち CCross-linked、日本語で架橋の頭文字(CVケーブルの日本語名は架橋ポリエチレン絶縁ビニル外装ケーブル)。

(今回の問題では不要な知識だが、超重要事項なので) CVT の T はトリプルの T。

で、選択肢を見ると、ロとハには架橋ポリエチレンがあるので CVケーブル(これは絶対言い当てられるように)。

次に、技能試験で使用する IV線(インドア・ビニル線)、VVF ケーブル(600Vビニル絶縁ビニル外装フラットケーブル)の V はビニルの V塩化ビニル樹脂を指す。これをマスターしておけば、二は IV”だろう”と推定できる。

よってKIPは、残るイが正解。

まとめ

絶縁電線、ケーブルの断面で押さえておくのは、

  • CVT と CV-3C の区別
  • 低圧か高圧か
  • キャブタイヤ
  • 電線とケーブル名称の V は ビニルの V で、許容温度 60℃

KIPは頻出ではないが、キュービクル内の機器配線用の高圧絶縁電線。絶縁被覆はエチレンプロピレンゴム(EPゴム)。

類似問題・関連記事
H29年問43(ケーブル種類)
H27年問49(ケーブル種類)
H24年問47(ケーブル種類; この問題)
H21年問50(ケーブル種類)

次なる訓練問題
前の問題(問46)
次の問題(問48)
平成24年度(2012年度)問題

タイトルとURLをコピーしました