【電気工事士1種 過去問】高圧電路の絶縁耐力試験の実施方法(H25年度問37)

問題 <H25年問37>
高圧電路の絶縁耐力試験の実施方法に関する記述として、不適切なものは。

<解答の選択肢>

  1. 最大使用電圧が6.9[kV]のCVケーブルを直流20.7[kV]の試験電圧で実施した。
  2. 試験電圧を5分間印加後、試験電源が停電したので、試験電源が復電後、試験電圧を再度5分間印加し合計10分間印加した
  3. 一次側6[kV]、二次側3[kV]の変圧器の一次側巻線に試験電圧を印加する場合、二次側巻線を一括して接地した
  4. 定格電圧1000[V]の絶縁抵抗計で、試験前と試験後に絶縁抵抗測定を実施した

— 答え —
不適切なのは、「合計10分間印加した」2。

【出典:平成25年度第一種電気工事士筆記試験問37】

<絶縁耐力試験を今日マスターしたいあなたには>
H23年問35(試験電圧)
H21年問35(絶縁耐力試験の総合問題)
2019年問34(絶縁耐力試験の総合問題)

スポンサーリンク

解法と解説

方針

高圧の電路や機器・装置の絶縁耐力試験に関連した問題は 11年で 6問出題。

総合問題で難敵だが、合格には解けるようにしたい問題。

ちなみにこの問題、H21年問35とそっくり。解き方は同じ。

ふくラボ流解答法

これだぁ!!とはすぐに決めれないので、選択肢をひとつずつ吟味していく。

選択肢1
直流で試験するときの試験電圧を求める式に当てはめて ○。

6.9(最大使用電圧) × 1.5(交流試験電圧) × 2(直流のとき) = 20.7 [kV]

選択肢2
試験電圧の印加時間が 5分+5分 の合計 10分。しかし、試験は10分間連続印加が必要。だから×。

もし途中で中断してしまったら、改めて最初から10分間電圧をかけなければならない。

選択肢3
これは…難しいので保留。

選択肢4
耐圧試験の一般的な考え方として、試験中は高電圧に耐えても(合格しても)、試験中に絶縁物の絶縁性能が劣化していたら、今後重大な事故を起こす可能性がある。

このため、試験前後で絶縁抵抗に変化がないことを確かめるのは重要。だから○。

(1000V が正しいかどうか、私は知らない…)

まとめ

高圧電路の絶縁耐力試験の問題は過去 11年で 6問出題。合格のために押さえておきたい問題。

  1. 試験電圧の計算式
  2. 試験時間は連続10分

試験中の電圧印加が 10分経過前に中断したら、改めて最初から 10分間

類似問題・関連記事
2019年問34(絶縁耐力試験の総合問題)
H29年問37(試験電圧)
H26年問37(試験電圧)
H25年問37(絶縁耐力試験の総合問題)
H23年問35(試験電圧)
H21年問35(絶縁耐力試験の総合問題)

高圧電路試験の解説

次なる訓練問題
前の問題(問36)
次の問題(問38)
平成25年度(2013年度)問題

タイトルとURLをコピーしました