【電気工事士1種 過去問】調相設備は無効電力を調整する機器(H26年度問20)

問題 <H26年問20>
次の文章は、電気設備の技術基準で定義されている調相設備についての記述である。

「調相設備とは、○○○を調整する電気機械器具をいう。」

上記の○○○にあてはまる語句として、正しいものは

<解答の選択肢>

  1. 受電電力
  2. 最大電力
  3. 無効電力
  4. 皮相電力

— 答え —
調相設備は無効電力を調整する器具。

【出典:平成26年度第一種電気工事士筆記試験問20】

スポンサーリンク

解法と解説

方針

出題形式そのものはレアだが、高圧受電設備の進相コンデンサと関連ある内容なので、確実にマスターを。

ふくラボ流解答法

調相設備のうち、電気工事士1種取得を目指しているあなたにとって最もポピュラー&重要なのが進相コンデンサ

進相コンデンサの最重要な役割が力率改善

工場・建物に設置された機器・装置の中にあるモータ(コイル)によって遅れ電流が発生し、無効電力が生じる。この無効電力があると、高圧電路からほんとに必要な電力(有効電力)以上の電力(皮相電力)を供給してもらわないといけない。

これだとなにかと不利益が生じる。

そこで、無効電力を減らして、皮相電力を減らす(=有効電力に近づける)のが力率改善

この無効電力を減らして力率改善する機器・装置には、進相コンデンサの他に、分岐リアクトル、同期調相器がある。これをまとめて調相設備と呼ぶ。

まとめ

調相設備は、無効電力を調整(減少)する機器。
進相コンデンサ
分岐リアクトル
同期調相器

類似問題・関連記事

次なる訓練問題
前の問題(問19)
次の問題(問21)
平成26年度(2014年度)問題

タイトルとURLをコピーしました