【電気工事士1種】停電困難な低圧電路の漏えい電流上限は1mA(H26年度問35)

問題 <H26年問35>
電気設備の技術基準の解釈において、停電が困難なため低圧屋内配線の絶縁性能を、漏えい電流を測定して判定する場合、使用電圧が 100 V の電路の漏えい電流の上限値として、適切なものは

<解答の選択肢>

  1. 0.1 [mA]
  2. 0.2 [mA]
  3. 1.0 [mA]
  4. 2.0 [mA]

— 答え —
停電が困難な場合の漏えい電流の上限は 1 mA

【出典:平成26年度第一種電気工事士筆記試験問35】

<電路の絶縁性能を今日マスターしたいあなたには>
H25年問35(絶縁抵抗値&漏えい電流)
H24年問9(電動機電路の漏えい電流)
H24年問35(絶縁抵抗値)

スポンサーリンク

解法と解説

方針

絶縁性能の問題はパターン化されたサービス問題。きっちりキープを。

正攻法の解説

この電路は停電できないので、漏えい電流で判断。

この場合、電圧は関係なく 1mA以下

まとめ

絶縁性能の問題はパターン化されたサービス問題。きっちりキープを。

電路の絶縁性能は、以下の2ケースに分けて規定される。

・電路を停電させれるとき

・電路を停電させれないとき
 漏えい電流1mA以下

類似問題・関連記事
2019年問35(絶縁抵抗値&漏えい電流)
H30年問36(絶縁抵抗値&漏えい電流)
H29年問36(漏えい電流)
H28年問35(絶縁抵抗値&漏えい電流)
H26年問35(漏えい電流) ←この問題
H25年問35(絶縁抵抗値&漏えい電流)
H24年問9(電動機電路の漏えい電流)
H24年問35(絶縁抵抗値)
H22年問37(絶縁抵抗値&漏えい電流)

低圧電路の絶縁性能の解説

次なる訓練問題
前の問題(問34)
次の問題(問36)
平成26年度(2014年度)問題

タイトルとURLをコピーしました