【電気工事士1種】避雷器LAは酸化亜鉛ZnO素子で雷電流から設備を保護(H28年度問21)

問題 <H28年問21>
高圧電路に施設する避雷器に関する記述として、誤っているものは。

<解答の選択肢>

  1. 高圧架空電線路から電気の供給を受ける受電電力 500kW 以上の需要場所の引込口に施設した
  2. 雷電流により、避雷器内部の限流ヒューズが溶断し、電気設備を保護した
  3. 避雷器には A種設置工事を施した
  4. 近年では酸化亜鉛 (ZnO) 素子を利用したものが主流となっている

— 答え —
避雷器内には限流ヒューズはないので、2が誤り。

【出典:平成28年度第一種電気工事士筆記試験問21】

●避雷器の問題を繰返し練習するとき
H27年問45(結線図)
H26年問31(全般)
H23年問23(外観と役割)

スポンサーリンク

解法と解説

方針

避雷器全般を問う問題。試験本番では、すぐに分からなかったら後回しに。

ふくラボ流攻略法

選択肢1は後回し。

選択肢2は、限流ヒューズが溶断したら、その後の雷電流を高圧電路から逃がせなくなると判断する。

正攻法の解説

1:義務と設置場所
500kW以上の設備では、引込口に避雷器を設置する義務があるので、正しい。

2と4:避雷器の構造
避雷器の抵抗材料は、最近は酸化亜鉛 ZnO。

普段(6.6 kV) くらいの電圧では絶縁性を保ち、異常電圧などある一定の電圧を超えたときだけ抵抗が急激に低くなる性質をもつ。

このZnOの働きで雷電流から電路を保護する。

限流ヒューズの溶断で回路を保護するわけではない。

3:接地工事
避雷器には A種接地工事を施すので、正しい。

まとめ

避雷器全般を問う問題。試験本番では、すぐに分からなかったら、後回しに。

避雷器で最重要なのは単線図が書けること。

回路図を書いて、

  • 断路器 DS で高圧電路に接続
  • 接地工事は A種

を解答しよう。

類似問題・関連記事
R2年問31(LA 総合問題)
H30年問23(LA の役割)
H29年問45(LA の電路(結線図))
H28年問21(LA 総合問題)
H27年問45(LA の電路(結線図))
H26年問31(LA 総合問題)
H23年問23(LA の外観と役割)
H22年問45(LA の電路(結線図))

避雷器の解説

次なる訓練問題
前の問題(問20)
次の問題(問22)
平成28年度(2016年度)問題

タイトルとURLをコピーしました