【電工1】自動力率調整装置が施設された進相コンデンサの電路を開閉する装置(H29年問34)

問題 <H29年問34>
⑤で示す高圧進相コンデンサに用いる開閉装置は、自動力率調整装置により自動で開閉できるように施設されている。このコンデンサ用開閉装置として、最も適切なものは

<解答の選択肢>

  1. 高圧交流真空電磁接触器
  2. 高圧交流真空遮断器
  3. 高圧交流負荷開閉器
  4. 高圧カットアウト

— 答え —
繰り返し開閉ができる1「電磁接触器」が最も適している。

【出典:平成29年度第一種電気工事士筆記試験問34】

進相コンデンサ問題を今日マスターしたいあなたには
H26年問21(高頻度開閉)
H26年問33(総合問題)
H24年問33(自動力率調整装置)

スポンサーリンク

解法と解説

方針

進相コンデンサをマスターするときに一緒にマスターを。

ふくラボ流攻略法

自動力率調整装置を設ける場合、コンデンサに通じる電路を頻繁に開閉する。

このため、この電路を開閉するのは、負荷開閉器や遮断機ではなく電磁接触器が最も適している。

まとめ

負荷変動による力率変動を自動で調整できる自動力率調整装置には、負荷開閉器や遮断機ではなく電磁接触器が最も適している。

類似問題・関連記事
R2年問20(高頻度開閉)
H29年問34(自動力率調整装置)
H26年問21(高頻度開閉)
H26年問33(総合問題)
H24年問33(自動力率調整装置)

進相コンデンサの解説

次なる訓練問題
前の問題(問33)
次の問題(問35)
平成29年度(2017年度)問題

タイトルとURLをコピーしました