【電気工事士1種】2回目の技能試験で無事合格!

今期(2020年度)の技能試験に無事合格しました!!

思い起こせば1年前、二種の技能試験を練習3日でクリアできた記憶があったために技能試験を舐めていた。このため、練習をほとんどせずに試験本番に臨み、リングスリーブでの電線接続を完了できずに、試験日当日に不合格決定

その悔しさと反省とを糧に、苦手な作業は技能の上手な学生さんにビデオを撮って教えてもらいながら繰り返し個別練習。候補問題は最低1回、苦手な問題は3、4回作製し、試験3日前には 10問すべて 60分以内で完成できるようになった。

「よし、これで大丈夫!」となったんだが、練習では本番の電線材料である VVR、CVV という丸形ケーブルを一度も使わなかったから、本番前日に急に焦りが出て、売って無いと分かっていながらホームセンターを巡り、当然入手できず。試験当日の電車の中では、「丸形ケーブル出るなよ」と祈りまくり…

そんなこんなと不安材料もあったが、技能試験本番では 42分で作品を完成し、欠陥チェックを数回繰り返すことができた。

そして、技能試験2回目にして無事に合格。ホッと一安心です。

読者からの喜びの報告も

また、このブログを見て学習・練習してくれていたHさんから、

「当サイトで勉強し、無事電気工事士一種を1発で合格することができました」

と、合格連絡をいただきました。Hさん、1発合格、おめでとうございます!!

こんな連絡をいただけて、このブログを運営していて良かったなぁ、と嬉しく感じています。

合格目指して

今、この記事を読んでくれているということは、あなたは来期の試験に向けて学習・練習中だと思います。

筆記試験は、合格必須項目を中心に学習すれば、60点超はそれほど時間はかかりません。

また、技能試験も、作業ポイントを押さえ、自分の弱点を分析し練習していけば、私のように全候補問題を60分以内で作製できるようになります。

今後、今回の技能試験練習の成果をもとに、このブログでも技能試験対策について詳しく解説していきます。

自分を信じて、来期の合格を目指しましょう!

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました