【電工1 過去問】PF付LBSを主遮断装置にできる設備容量(H23年度問32)

問題 <H23年問32>
③に示す高圧電圧受電盤内の主遮断装置に、限流ヒューズ付高圧交流負荷開閉器を使用できる設備容量の最大値は。

<解答の選択肢>

  1. 200[kW]
  2. 300[kW]
  3. 300[kV・A]
  4. 500[kV・A]

— 答え —
PF付LBSを使用できる設備容量の最大値は 300[kV・A]。

【出典:平成23年度第一種電気工事士筆記試験問32】

<PF・S形の問題を今日マスターしたいあなたには>
2019年問32(PF-S形の構成機器)

スポンサーリンク

まとめ

高圧受電設備の開閉器は絶対マスター事項。ただし、この設備容量に関する問題は出題頻度が低いため、合格必須事項をマスター後の習得で。

キュービクル式受電設備の主遮断装置にPF付LBSを用いることができるのは、設備容量が 300[kV・A]以下のとき。

類似問題・関連記事
2019年問32(PF-S形の構成機器)
H27年問33(PF-S形の構成機器)
H25年問23(PF付LBSのストライカ外し)
H23年問32(LBSの設備容量)
・H21年問23(PF付LBSのストライカ外し)
・H21年問31(PF-S形の構成機器)

PF-S形の解説

次なる訓練問題
前の問題(問31)
次の問題(問33)
平成23年度(2011年度)問題

タイトルとURLをコピーしました