【電気工事士1種 過去問】地中電線路を施設するときの施工条件(H23年度問31)

問題 <H23年問31>
②に示す構内の地中電線路を施設する場合の施工方法として、不適切なものは。

<解答の選択肢>

  1. 地中電線路を直接埋設式により施設し、長さが 20[m] であったので電圧の表示を省略した
  2. 地中電線を収める防護装置に銅管を使用した管路式とし、管路の接地を省略した
  3. 地中電線を収める防護装置に波付硬質合成樹脂(FEP)を使用した
  4. 地中電線に堅ろうながい装を有するケーブルを使用し、埋設深さ(土冠)を 1.2[m] とした

— 答え —
不適切なのは「20[m]で表示を省略」した1。

【出典:平成23年度第一種電気工事士筆記試験問31】

<地中電線路を今日マスターしたいあなたには>
R2年問29(地中電線路の総合問題)
2019年問31(地中電線路の総合問題)
H29年問29(地中電線路の総合問題)

スポンサーリンク

まとめ

地中電線路合格必須事項。重要ポイントは

  • ケーブル工事オンリー
  • 15m超は表示必須

類似問題・関連記事
R2年問29(地中電線路の総合問題)
2019年問31(地中電線路の総合問題)
H29年問29(地中電線路の総合問題)
H28年問20(地中電線路の施設)
H27年問29(地中電線路の総合問題)
H25年問31(地中電線路の材質と深さ)
H23年問31(地中電線路の総合問題)

・高圧地中電線路線の解説

次なる訓練問題
前の問題(問30)
次の問題(問32)
平成23年度(2011年度)問題

タイトルとURLをコピーしました