【電気工事士1種 過去問】B種接地工事の接地抵抗(H25年度問32)

<問題 H25年問32>
③に示すキュービクル内の変圧器に施設するB種接地工事の接地抵抗値として許容される最大値[Ω]は。ただし、高圧と低圧の混触により低圧側電路の対地電圧が150〔V〕を超えた場合、1秒以内に高圧電路を自動的に遮断する装置が設けられており、高圧側電路の1線地絡電流は6[A]とする

<解答の選択肢>
(計算問題のため、選択肢は省略)

— 答え —
接地抵抗は100Ω。

【出典:平成25年度第一種電気工事士筆記試験問32】

<B種接地工事を今日マスターしたいあなたには>
H24年問21(B種の施工場所)
H23年問20(B種の接地抵抗)
h23年問48(V結線とB種接地工事)

スポンサーリンク

まとめ

接地工事合格必須項目。当然 B種接地工事も。

B種接地工事の接地抵抗は、遮断機性能(遮断速度)と短絡電流(高圧側電路の1線地絡電流)によって、次の式で計算される。

類似問題・関連記事
2019年問50(V結線とB種接地工事)
H27年問35(B種の接地抵抗)
H25年問32(B種の接地抵抗; この記事)
H24年問21(B種の施工場所)
H23年問20(B種の接地抵抗)
h23年問48(V結線とB種接地工事)
・h21年問34(複合問題)

B種接地工事の解説

次なる訓練問題
前の問題(問31)
次の問題(問33)
平成25年度(2013年度)問題

タイトルとURLをコピーしました