【電気工事士1種 過去問】絶縁抵抗計の保護端子(ガード端子)(H27年度問36)

問題 <H27年問36>
高圧ケーブルの絶縁抵抗の測定を行うとき、絶縁抵抗計の保護端子(ガード端子)を使用する目的として、正しいものは

<解答の選択肢>

  1. 絶縁物の表面の漏れ電流も含めて測定するため
  2. 絶縁物の表面の漏れ電流による誤差を防ぐため
  3. 高圧ケーブルの残留電荷を放電するため
  4. 指針の振切れによる焼損を防止するため

— 答え —
ガード端子を使用する目的は、2。

【出典:平成27年度第一種電気工事士筆記試験問36】

絶縁抵抗計の問題を繰返し練習したいあなたには>
H22年問35(絶縁抵抗のガード端子)

スポンサーリンク

解法と解説

方針

絶縁抵抗計の保護端子(ガード端子)に関する問題の出題頻度は低い。合格必須事項をマスター後に習得をお薦めする。

ふくラボ流攻略法

高圧ケーブルに流れる漏えい電流は大きく2種類。

  1. 導体から絶縁物を通過して流れ出てくる電流
  2. 絶縁物の表面を流れる電流

ケーブルの絶縁抵抗を測定するときは、1の漏れ電流のみを測定するのが適切。

このため、2の電流を計測しないために、絶縁抵抗計の保護端子(ガード端子)を使って測定する。

まとめ

絶縁抵抗計の保護端子(ガード端子)に関する問題の出題頻度は低い。合格必須事項をマスター後に習得をお薦めする。

絶縁抵抗計の保護端子(ガード端子)を使って、絶縁物表面を流れる電流をガードする。

類似問題・関連記事
H27年問36(絶縁抵抗のガード端子)
H22年問35(絶縁抵抗のガード端子)

低圧電路の絶縁性能の解説

次なる訓練問題
前の問題(問35)
次の問題(問37)
平成27年度(2015年度)問題

タイトルとURLをコピーしました