【電気工事士1種 過去問】高圧遮断器の定格遮断容量の計算(H27年度問21)

問題 <H27年問21>
公称電圧 6.6kV、周波数 50Hz の高圧受電設備に使用する高圧交流遮断機(定格電圧 7.2kV、定格遮断電流 12.5kA、定格電流 600A)の遮断容量 [MV・A]は。

<解答の選択肢>
(計算問題のため、選択肢は省略)

— 答え —
遮断容量は 160[MV・A]。

【出典:平成27年度第一種電気工事士筆記試験問21】

<遮断器容量の問題を繰返し練習したいあなたには>
H25年問21(遮断機の容量決定)
2019年問20((遮断機の容量決定))

スポンサーリンク

まとめ

遮断器の遮断容量の問題は 11年に4回出題。理解ポイントはシンプルな2つなので、早めに押さえておくとよい。

高圧遮断器の定格遮断容量を求める式は、

類似問題・関連記事
2019年問20((遮断機の容量決定))
H27年問21(定格遮断容量)
H25年問21(遮断機の容量決定)
・H22年問21(遮断機の容量決定)

次なる訓練問題
前の問題(問20)
次の問題(問22)
平成27年度(2015年度)問題

タイトルとURLをコピーしました