【電気工事士1種 過去問】水力発電の水車の出力と落差、流量の関係(H28年度問16)

問題 <H28年問16>
水力発電の水車の出力 P に関する記述として、正しいものは。ただし、H は落差、Q は流量とする。

<解答の選択肢>

  1. P は QH に比例する
  2. P は QH2 に比例する
  3. P は QH に反比例する
  4. P は Q2H に反比例する

— 答え —
正しいのは1。

【出典:平成28年度第一種電気工事士筆記試験問16】

スポンサーリンク

解法と解説

方針

水力発電の問題は、高圧受電設備等の合格必須項目をマスター後に習得するのをお薦めする。

正攻法の解説

水力発電における発電機の出力は、

出力P = 9.8 × 流量Q × 有効落差H × 総合効率η

したがって、出力P は QH に比例する。

まとめ

水力発電の問題は、高圧受電設備等の合格必須項目をマスター後に習得するのをお薦めする。

水力発電における発電機の出力は、

出力P = 9.8 × 流量Q × 有効落差H × 総合効率η

類似問題・関連記事

次なる訓練問題
前の問題(問15)
次の問題(問17)
平成28年度(2016年度)問題

タイトルとURLをコピーしました