【電工1】電力需給用計器用変成器VCTの試験問題対策で押さえておきたいポイントとは?

電力需給用計器用変成器VCTは、高圧受電設備の構成機器で、試験でも重要事項。10年間で 6回出題

試験対策として押さえるポイントは次の通り。

  1. 単線図(必須)
  2. 外観(必須)
  3. 名称(必須)
  4. 複線図

複線図を除けば、単線図・外観・名称と基本事項ばかり。短期間でマスターを。

スポンサーリンク

電力需給用計器用変成器VCT の対策

電力需給用計器用変成器VCTの対策は以下の通り。

  1. 単線図
  2. 外観
  3. 名称
  4. 複線図

1~3は必須

4の複線図は、変圧器VTと変流器CTそれぞれの結線を理解すれば、自動的にマスターできる。

単線図(必須)

VCT部分の単線図を下に示す。

この図から分かるように、VCTは変圧器 VT と変流器 CT で構成されている。

これら VT と CT の信号(電圧値と電流値)を電力量計 Wh に送って、受電設備で使用(需給)した電力をカウントする。

名称(必須)

外観、配線図から名称を答えさせる問題が出題された。

正式名称は電力需給用計器用変成器、英語で Combined voltage and current transformer、略して VCT

略名称の別の覚え方は、変圧器 VT と変流器 CT の複合器だから、合わせて VCT。

→ 過去問
2019年問46(単線結線図から名称)
H27年問22(外観から名称)
H21年問47(配線図から名称)

外観(必須)

過去問で掲載されたVCT外観を下に示す(H27年問22)。

対抗馬(?)として PAS が似ているかも(H28年問48)。試験ではくれぐれも混同しないように。

→ 過去問
2019年問23(外観から名称)
H28年問48(配線図から外観)
H27年問22(外観から名称)
H22年問42(配線図から外観)

複線図

VCT内部の複線図を下に示す。

上側が VTで、下側が CT。

VTは V-V結線。二次側はV-Vの共通ラインをD種接地

CTは 3相のうち 2相に接続。VTと同じく二次側はD種接地

ここで重要なのが、2つの線をともに D種接地しているから、これら2線は共通化できる。

つまり、上図ではCTからWh に4本線が出ているが、下図のように3本構成でも良い。これは CT単独の結線図問題でも出題された。

→ 過去問
H25年問47(複線図)
H22年問43(複線図)
→ CTの結線
H27年問46(CT結線)

まとめ

電力需給用計器用変成器VCTの対策は以下の通り。

  1. 単線図(必須)
  2. 外観(必須)
  3. 名称(必須)
  4. 複線図

1~3は必須

4の複線図は、必須事項をマスターし終えた後に体得を。

今回ご紹介した方法を実践することで、あなたが1回で電気工事士1種に合格できるように応援している!

関連問題
2019年問23(外観から名称)
2019年問46(単線結線図から名称)
H28年問48(配線図から外観)
H27年問22(外観から名称)
H25年問47(複線図)
H22年問42(配線図から外観)
H22年問43(複線図)
H21年問47(配線図から名称)

タイトルとURLをコピーしました