【電気工事士1種】スターデルタ始動器と三相電動機をつなぐケーブル本数(H27年度問50)

問題 <H27年問50>
10で示す動力制盤内から電動機に至る配線で、必要とする電線本数(心線数)は。

— 答え —
三相電動機の前にスターデルタ切替機が接続しているので、電線は 6本 必要。

【出典:平成27年度第一種電気工事士筆記試験問50】

三相交流電動機の結線を今日マスターしたいあなたには>
H30年問50(三相交流電動機の結線)

スポンサーリンク

まとめ

重要点は2つ。

  1. スターデルタ始動器の図記号
  2. スターデルタ始動回路では、電動機には電線6本接続

類似問題
H30年問50(三相交流電動機の結線)
H27年問50(三相交流電動機の結線)

・三相交流電動機の解説

関連記事
前の問題(問49)
高圧受電設備の単線図(全体)
平成27年度(2015年度)問題

タイトルとURLをコピーしました