【電気工事士1種】特定電気用品<PS>Eを選択するときのキーワード(H28年度問40)

<問題 H28年問40>

電気用品安全法において、交流の電路に使用する定格電圧 100V 以上 300V 以下の機械器具であって、特定電気用品は。

<解答の選択肢>

  1. 定格電流 60A の配線用遮断器
  2. 定格出力 0.4kW の単相電動機
  3. 定格静電容量 100uF の進相コンデンサ
  4. (PS/E)と表示された器具

— 答え —
特定電気用品は 1.配線用遮断器

●特定電気用品<PS/E>の問題を繰返し練習するとき
H27年問38( <PS>E )
H26年問39( <PS>E )
H24年問40( <PS>E )

スポンサーリンク

解法と解説

方針

特定電気用品の問題の出題確率は高い。ただ、100%正解しようとするとけっこうな努力が必要。

なので、選択肢を絞るキーワードを知り、残りは感で選ぶことをお薦めする。

選択肢を絞るときのキーワード

  • 危険っぽいのが特定電気用品 <PS>E (尖った記号)
  • 電力量計進相コンデンサ単相電動機は <PS>E ではない

回答のコツ

繰り返すが、特定電気用品 <PS>E かどうかを絞るキーワード

  • 危険っぽいのが <PS>E
  • 電力量計進相コンデンサ単相電動機は <PS>E ではない

これから、2:単相電動機と3:進相コンデンサは選択肢から外れる

そして、危険性の高い特定電気用品の記号は尖った <PS>E マークなので、4も当然外れる。

というわけで、<PS>E は1:配線遮断機。

正攻法の解説

1の配線遮断機は定格電流が 100A以下なので特定電気用品。

一方、2の単相電動機は出力に関係なく、3の進相コンデンサは容量に関係なく、どちらも電気用品に該当しない。

(PS/E)マークは特定電気用品以外の電気用品を示すマーク。

まとめ

特定電気用品 <PS>E の問題選択肢を絞るときのコツ(キーワード)は

  • 危険っぽいのが特定電気用品 <PS>E (尖った記号)
  • 電力量計進相コンデンサ単相電動機は <PS>E ではない

もし選択肢が残ったら、あなたの感が頼り。

類似・関連問題
R2年問38( <PS>E )
2019年問40( <PS>E )
H29年問40( <PS>E )
H28年問40( <PS>E ; この問題)
H26年問39( <PS>E )
H24年問40( <PS>E )
H23年問38( <PS>E )
H22年問40( <PS>E )

特定電気用品の解説

次なる訓練問題
前の問題(問39)
次の問題(問41)
平成28年度(2016年度)問題

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました