【電気工事士1種】変圧器の絶縁油の劣化診断(H30年度問37)

問題 <H30年問37>
変圧器の絶縁油の劣化診断に直接関係ないものは。

<解答の選択肢>

  1. 絶縁破壊電圧試験
  2. 水分試験
  3. 真空度測定
  4. 全酸価試験

— 答え —
絶縁油の劣化診断に直接関係のないものは、3の真空度測定。

【出典:平成30年度第一種電気工事士筆記試験問37】

スポンサーリンク

解法と解説

ふくラボ流攻略法

変圧器の絶縁油の劣化診断は、次のような試験を行う。

  • 外観試験
  • 耐電圧試験
  • 酸価度試験
  • 水分試験

これに対し、選択肢の3「真空度測定」は真空遮断機の真空バルブについて行う試験。

まとめ

変圧器の絶縁油の劣化診断は、次のような試験を行う。

  • 外観試験
  • 耐電圧試験
  • 酸価度試験
  • 水分試験

関連記事

次なる訓練問題
前の問題(問36)
次の問題(問38)
平成30年度(2018年度)問題

タイトルとURLをコピーしました