【電気工事士1種】高圧カットアウトPCは300 kVA以下を遮断する開閉装置(H29年度問48)

問題 <H29年問48>
⑧で示す部分に設置する機器の図記号として、適切なものは。

<解答の選択肢>

— 答え —
変圧器容量が 500kVA のため、施設できる開閉器はハのPF付LBS。

【出典:平成29年度第一種電気工事士筆記試験問48】

<PC問題を繰返し練習したいあなたには>
H27年問48(PCの容量)
H26年問22(PCの外観)
H25年問20(PCの容量)

スポンサーリンク

まとめ

高圧カットアウト PC を開閉器として使用できるのは

  • 変圧器容量 300kVA以下
  • コンデンサ容量 50kVar以下

の電路。

これを超える容量のときには、PF付LBS か遮断器 CB を用いる。

類似問題・関連記事
R2年問50(PCの容量)
H29年問34(開閉器種類; PCひっかけ)
H29年問47(LBS図記号と外観; PCひっかけ)
H29年問48(PCの容量)
H28年問22(DS外観用途; PCひっかけ)
H27年問48(PCの容量)
H26年問22(PCの外観)
H25年問20(PCの容量)
H24年問33(開閉器種類; PCひっかけ)
H24年問45(CB図記号と外観; PCひっかけ)
H23年問43(CB図記号と外観; PCひっかけ)
H23年問46(PCヒューズ)
H23年問47(PCの容量)
・H22年問48(LBS図記号と名称; PCひっかけ)

高圧カットアウトの解説

次なる訓練問題
前の問題(問47)
次の問題(問49)
平成29年度(2017年度)問題

タイトルとURLをコピーしました