【電気工事士1種 過去問】PF-S形主遮断装置に不要な機能(2019年度問32)

問題 <2019年問32>
③で示す PF-S形の主遮断装置として、必要でないものは。

<解答の選択肢>

  1. 相間、側面の絶縁バリア
  2. ストライカによる引き外し装置
  3. 過電流ロック機能
  4. 高圧限流ヒューズ

— 答え —
PF-S形主遮断装置に不要なのは「過電流ロック機能」。

【出典:2019年度第一種電気工事士筆記試験問32】

<PF-S形の問題を今日マスターしたいあなたには>
H27年問33(PF-S形の構成機器)
H25年問23(PF付LBSのストライカ外し)
H23年問32(LBSの設備容量)

スポンサーリンク

解法と解説

方針

PF-S形システムは、筆記試験で最重要の高圧受電設備の機器の一つ。確実にマスターを。

ふくラボ流攻略法

PF・S形システムとは、主遮断装置に高圧遮断器CB ではなく、高圧交流負荷開閉器 LBS に高圧限流ヒューズ PF を組合せた機器を使ったシステム。

このとき LBSには特別仕様として

  • 絶縁バリア層
  • ストライカ引き外し機構

が求められる。

以上をマスターしていれば、PF-S形には、

 ・絶縁バリア
 ・ストライカによる引外し装置
 ・高圧限流ヒューズ

が必要だとすぐ分かる。

また、選択肢3の「過電流ロック機能」は、高圧受電設備の第1グループにある PAS/UGS に必要な機能。

PAS/UGS の中にある LBS は地絡電流には対応(遮断)するけど、短絡電流には反応してはいけない。このために、過電流ロック機能が備わっている。

まとめ

PF-S形システムは超重要なので確実に正答できるように。

PF-S形システムは、主遮断装置に CB ではなく、LBS + PF を組合せた機器を使ったシステム。

このとき LBSには特別仕様として

  • 絶縁バリア層
  • ストライカ引き外し機構

が求められる。

類似問題・関連記事
2019年問32(PF-S形の構成機器)
H27年問33(PF-S形の構成機器)
H25年問23(PF付LBSのストライカ外し)
H23年問32(LBSの設備容量)
・H21年問23(PF付LBSのストライカ外し)
・H21年問31(PF-S形の構成機器)

PF-S形の解説

次なる訓練問題
前の問題(問31)
次の問題(問33)
2019年度問題

タイトルとURLをコピーしました