【電気工事士1種 過去問】特定電気用品<PS>Eを絞るキーワード(2019年度問40)

<問題 2019年問40>
電気用品安全法の適用を受けるもののうち、特定電気用品でないものは

<解答の選択肢>

  1. 合成樹脂製のケーブル配電用スイッチボックス
  2. タイムスイッチ(定格電圧125V、定格電流15A)
  3. 差込み接続器(定格電圧125V、定格電流15A)
  4. 600Vビニル絶縁ビニルシースケーブル(導体の公称断面積が 8mm2, 3芯)

— 答え —
特定電気用品でないのは、1。

→ 特定電気用品 <PS>E の問題を繰返し練習するとき
H29年問40( <PS>E )
H28年問40( <PS>E )
H26年問39( <PS>E )

スポンサーリンク

解法と解説

方針

特定電気用品の問題の出題確率は非常に高い。ただ、100%正解しようとするとけっこうな努力が必要。

なので、選択肢を絞るキーワードを知り残りは感で選ぶことをお薦めする。

ふくラボ流攻略法

<PS>E か (PS)E どちらかを判断するときのキーワード

  1. 危険っぽいのが特定電気用品 <PS>E (尖った記号)
  2. 電力量計進相コンデンサ単相電動機は <PS>E ではない

選択肢を見ると、キーワード2に当てはまるものがない。ということは、1の危険っぽいかどうかを判断する。

で、選択肢を眺めると、1の「合成樹脂製のケーブル配電用スイッチボックス」は、ケーブルを収めるが、ボックス自身には電流は流れない部品。

反対に、残り3つの部品・機器は、それ自身に電流が流れる。

このことから、<PS>E でないのは合成樹脂製のスイッチボックスと推測する。

正攻法の解説

ケーブル配線用スイッチボックスは、特定電気用品以外の電気用品(PS)Eである

定格電圧・電流が規定の範囲内の差込み接続器、タイムスイッチは <PS>E。

ケーブルも規定の範囲内のものであれば <PS>E。

まとめ

特定電気用品の問題の出題確率は非常に高い。ただ、100%正解しようとするとけっこうな努力が必要。

なので、選択肢を絞るキーワードを知り残りは感で選ぶことをお薦めする。

<PS>E か (PS)E どちらかを判断するときのキーワード

  1. 危険っぽいのが特定電気用品 <PS>E (尖った記号)
  2. 電力量計進相コンデンサ単相電動機は <PS>E ではない

類似問題・関連記事
R2年問38( <PS>E )
2019年問40( <PS>E ; この問題)
H29年問40( <PS>E )
H28年問40( <PS>E )
H26年問39( <PS>E )
H24年問40( <PS>E )
H23年問38( <PS>E )
H22年問40( <PS>E )

特定電気用品の解説

次なる訓練問題
前の問題(問39)
次の問題(問41)
2019年度問題

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました