【電気工事士1種 過去問】地中電線路に絶縁電線を使うのはNG(R2年度問29)

問題 <R2年問29>
地中電線路の施設に関する記述として、誤っているものは。

<解答の選択肢>

  1. 長さが 15m を超える高圧地中電線路を管路式で施設し、物件の名称、管理者及び電圧を表示した埋設表示シートを、管と地表面のほぼ中間に施設した
  2. 地中電線路に絶縁電線を使用した
  3. 地中電線路に使用する金属製の電線接続箱に D種接地工事を施した
  4. 地中電線路を暗きょ式で施設する場合に、地中電線を不燃性又は自消性のある難燃性の管に収めて施設した

— 答え —
誤っているのは、2「地中電線路に絶縁電線を使用した」

【出典:令和2年度第一種電気工事士筆記試験問29】

<地中電線路を今日マスターしたいあなたには>
2019年問31(地中電線路の総合問題)
H29年問29(地中電線路の総合問題)
H28年問20(地中電線路の施設)

スポンサーリンク

解法と解説

方針

地中電線路の施設も合格必須項目。出題パターンは限られているので、得点源に。

ふくラボ流攻略法

電工1筆記試験で、地中電線路の施設に関する重要ポイントは次の2つ。

  • 地中電線路はケーブルオンリー
  • 地中電線路の長さが 15m を超えるときは表示する必要あり

この2つを押さえておくと、だいたいの問題は解ける。

ポイントを確認しながら、選択肢を吟味する。

選択肢1
地中電線路の長さが 15m を超えているので、表示するのが正しい。

ただ、選択肢には他にも記述があり、それらが正しいかどうか判別できないときは、「正しいで保留」。

選択肢2
地中電線路はケーブルオンリーだから、絶縁電線を使用するのはダメ。

これが誤っている=この問題の正解。

選択肢3
重要ポイントには出てこないが、地中電線接続用の金属製電線箱には D種設置工事を施すので、正しい。

選択肢4
たくさん書いてあるが、これも正しい。でも、分からなければ、保留で。

まとめ

電工1筆記試験で、地中電線路の施設に関する重要ポイントは次の2つ。

  • 地中電線路はケーブルオンリー
  • 地中電線路の長さが 15m を超えるときは表示する必要あり

この2つを押さえておくと、電工1筆記試験に出題される地中電線路関連の問題はだいたい解ける。

類似問題・関連記事
R2年問29(地中電線路の総合問題)
2019年問31(地中電線路の総合問題)
H29年問29(地中電線路の総合問題)
H28年問20(地中電線路の施設)
H27年問29(地中電線路の総合問題)
H25年問31(地中電線路の材質と深さ)
H23年問31(地中電線路の総合問題)

・高圧地中電線路線の解説

次なる訓練問題
前の問題(問28)
次の問題(問30)
令和2年度(2020年度)問題

タイトルとURLをコピーしました