【電気工事士1種 過去問】受電設備完成時の自主検査試験項目(R2年度問36)

問題 <R2年問36>
受電電圧 6,600V の受電設備が完成した時の自主検査で、一般に行わないものは。

<解答の選択肢>

  1. 高圧電路の絶縁耐力試験
  2. 高圧機器の接地抵抗測定
  3. 変圧器の温度上昇試験
  4. 地絡継電器の動作試験

— 答え —
完成(竣工)したときに一般に実施しないのは、3「変圧器の温度上昇試験」。

【出典:令和2年度第一種電気工事士筆記試験問36】

<竣工時/定期検査を繰返し練習したいあなたには>
H28年問34(竣工時/定期検査)
H23年問34(竣工時/定期検査)
H21年問36(竣工時/定期検査)

スポンサーリンク

解法と解説

方針

竣工・定期検査11年で 4回出題されている。が、合格レベルに達してからの学習をお勧めする。

ふくラボ流攻略法

自家用電気工作物の検査を表にまとめる。

高圧受電設備 低圧屋内配線
検査の種類 竣工検査 定期点検 竣工検査
目視検査
接地抵抗測定
絶縁抵抗測定
絶縁耐力試験
絶縁油試験
保護継電器動作試験
遮断器動作試験
導通試験/通電試験

選択肢のうち次の3つは、表から完成時(竣工時)に検査を実施することが分かる。
・絶縁耐力試験
・接地抵抗測定
・地絡継電器の動作試験

このため、残る「変圧器の温度上昇試験」は、竣工時には一般に実施したい。

まとめ

竣工・定期検査11年で 4回出題されているが、合格レベルに達してからの学習をお勧めする。

類似問題・関連記事
R2年問36(竣工時/定期検査; この問題)
H28年問33(竣工時/定期検査)
H23年問33(竣工時/定期検査)
H21年問36(竣工時/定期検査)

・竣工・定期検査の解説

次なる訓練問題
前の問題(問35)
次の問題(問37)
令和2年度(2020年度)問題

タイトルとURLをコピーしました