【電気工事士1種筆記】バスダクト工事の施設(R3年度-午前問29)

問題 <R3年午前問29>
展開した場所のバスダクト工事に関する記述として、誤っているものは

<解答の選択肢>

  1. 低圧屋内配線の使用電圧が 400Vで、かつ、接触防護措置を施したので、ダクトには D種接地工事を施した
  2. 低圧屋内配線の使用電圧が 200Vで、かつ、湿気が多い場所での施設なので、屋外用バスダクトを使用し、バスダクト内部に水が侵入してたまらないようにした
  3. 低圧屋内配線の使用電圧が 200Vで、かつ、接触防護措置を施したので、ダクトの接地工事を省略した
  4. ダクトを造営材に取り付ける際、ダクトの支持点間の距離を 2mとして施設した

【出典:令和3年度第一種電気工事士筆記試験-午前問29】



バスダクト工事では、接触防護措置を施してもダクトの接地工事を省略できない

次なる訓練問題
前の問題(問28)
次の問題(問30)
令和3年度-午前問題

タイトルとURLをコピーしました