【電気工事士1種筆記】地絡継電装置付き高圧交流負荷開閉器(GR付PAS)(R3年度-午前問30)

問題 <R3年午前問30>
①に示す地絡継電装置付き高圧交流負荷開閉器 (GR付PAS) に関する記述として、不適切なものは

<解答の選択肢>

  1. GR付PAS は、保安上の責任分界点に設ける区分開閉器として用いられる
  2. GR付PAS の地絡継電器は、波及事故を防止するため、一般送配電事業者側との保護協調が大切である
  3. GR付PAS は、短絡等の過電流を遮断する能力を有しないため、過電流ロック機構が必要である
  4. GR付PAS の地絡継電装置は、重要家内のケーブルが長い場合、対地静電容量が大きく、他の需要家の地絡事故で不必要動作する可能性がある。このような施設には、地絡過電圧継電器を設置することが望ましい

【出典:令和3年度第一種電気工事士筆記試験-午前問30】


3
誤りは選択肢4。ケーブルが長い場合、GR(地絡継電器)のかわりに、DGR(地絡方向継電器)を用いるのが望ましい

次なる訓練問題
前の問題(問29)
次の問題(問31)
令和3年度-午前問題

タイトルとURLをコピーしました