【電気工事士1種筆記】接地工事に使用する軟銅線の太さ(R3年度-午前問34)

問題 <R3年午前問34>
⑤に示す高圧キュービクル内に設置した機器の接地工事に使用する軟銅線の太さに関する記述として、適切なものは

<解答の選択肢>

  1. 高圧電路と低圧電路を結合する変圧器の金属製外箱に施す接地線に、直径 2.0mm の軟銅線を使用した
  2. LBS の金属製部分に施す接地線に、直径 2.0mm の軟銅線を使用した
  3. 高圧進相コンデンサの金属製外箱に施す接地線に、3.5mm2 の軟銅線を使用した
  4. 定格負荷 100V・A の高圧計器用変成器の 2次側電路に施す接地線に、3.5mm2 の軟銅線を使用した

【出典:令和3年度第一種電気工事士筆記試験-午前問34】



正しいのは選択肢4。4の接地工事は D種で、軟銅線の太さは単心線だと直径 1.6mm以上、より線だと 2.0mm2以上

次なる訓練問題
前の問題(問33)
次の問題(問35)
令和3年度-午前問題

タイトルとURLをコピーしました