【電気工事士1種】高圧受電設備の高圧電路電圧を計測する変圧器 VTの台数(H30年問44)

問題 <H30年問44>
④に設置する単相機器の必要最小数量は。

— 答え —
高圧電路の電圧を測定するための計器用変圧器 VT は 2台使用する。

【出典:平成30年度第一種電気工事士筆記試験問44】

→ VT問題を今日マスターしたいあなたには
H29年問22(VTの外観と用途)
H27年問43(PFの役割)
H26年問47(PFの本数)

スポンサーリンク

解法と解説

方針

計器用変圧器 VT の台数は頻出問題。きっちりキープを。

ふくラボ流攻略法

④の機器は〇が2つ重なった図記号で、電圧トランスである。また、一次側が高圧電路に、二次側が電圧計につながっている。なわけで、この機器は 計器用変圧器 VT である。

VT部分の複線図は以下の通り。

VT は 2台を V-V 結線して使用する。

関連重要内容として、VT は 2台、ヒューズは 4本利用する。

まとめ

VTで押さえるポイントは以下の通り。

  • 複線図(V-V結線, 使用台数)
  • 限流ヒューズ
  • D種接地工事
  • 定格電圧
  • 二次側を短絡するのは厳禁

高圧電路の電圧を測定するため、

  • VT(計器用変圧器) は 2台で V-V結線
  • ヒューズは 4本

類似問題・関連記事
R2年問47(VTの定格電圧)
2019年問47(PFの役割)
H30年問32(VT定格負担)
H30年問44(VTの台数)
H29年問22(VTの外観と用途)
H27年問43(PFの役割)
H26年問47(PFの本数)
H23年問42(VT定格電圧)
・H22年問22(VTの外観と用途)
・H22年問31(VT総合問題)
・H22年問44(PFの用途)
・H21年問48(PFの本数)

計器用変圧器 VT の解説

次なる訓練問題
前の問題(問43)
次の問題(問45)
高圧受電設備の単線図(全体)
平成30年度(2018年度)問題

タイトルとURLをコピーしました