【電気工事士1種 過去問】高圧ケーブルの遮へい銅テープの接地方法(R2年度問33)

問題 <R2年問33>
④に示す高圧ケーブル内で地絡が発生した場合、確実に地絡事故を検出できるケーブルシールの接地方法として、正しいものは。

<解答の選択肢>

— 答え —
接地方法として正しいのは、イ。

【出典:令和2年度第一種電気工事士筆記試験問33】

<ZCTと接地線を今日マスターしたいあなたには>
H29年問32(ZCTと接地線)
H26年問34(ZCTと接地線)

スポンサーリンク

解法と解説

方針

ZCTと接地線は 11年で 3回出題。合格安全圏を狙うための問題と考え、ZCTの基本をマスターした後での学習をお勧めする。

ふくラボ流攻略法

ZCTと接地線は、あれこれ難しいことを考えず、正しい接続図を覚える。

言葉で説明すると、ZCTで高圧ケーブルの地絡電流を検出するときには、高圧ケーブルの遮へい層に地絡電流が流れたときでも、ZCTが正しく地絡電流を検出できるように、

  1. ZCTより負荷側の点負荷側で接地
  2. ZCTより電源側の点を接地するときは、ZCTに接地線を通過させ、負荷側で接地

まとめ

ZCTと接地線の位置関係は、あれこれ難しいことを考えず、正しい接続図を覚える。高圧ケーブル内での地絡を検出するには、下図のように接続する。

言葉で説明すると、高圧ケーブル内での地絡を検出するには、

  1. ZCTより負荷側の点負荷側で接地
  2. ZCTより電源側の点を接地するときは、ZCTに接地線を通過させ、負荷側で接地

類似問題・関連記事
R2年問33(ZCTと接地線)
H30年問20(ZCTと地絡継電器)
H29年問32(ZCTと接地線)
H29年問41(ZCTの機能)
H28年問41(ZCTの結線図)
H28年問50(ZCTで引掛け問題)
H26年問34(ZCTと接地線)
H25年問22(ZCTで引掛け問題)
H24年問48(ZCTの珍しい問題)
H21年問46(ZCTの機能)

PAS/UGSの解説

次なる訓練問題
前の問題(問32)
次の問題(問34)
令和2年度(2020年度)問題

タイトルとURLをコピーしました