【電気工事士1種 解説】高圧電路の絶縁耐力試験問題を解くポイントは電圧と時間


高圧電路の絶縁耐力試験に関連した問題は 11年で 6問出題。合格には押さえておきたい問題。

重要ポイントは、

  1. 試験電圧の計算式
  2. 電圧印加時間は連続10分
スポンサーリンク

絶縁耐力試験の対策

高圧電路の絶縁耐力試験についての問題対策は、

  1. 試験電圧の計算式
  2. 試験時間は連続10分

試験電圧の計算式

試験電圧の計算式は、

上式をマスターすれば電工1筆記試験はOK。

言葉で正確に説明すると、

  1. 公称電圧(=使用電圧)1.15/1.1 倍最大使用電圧
  2. 最大使用電圧の 1.5倍が交流試験電圧
  3. 直流で試験するときは、交流試験電圧×2
直流で試験

交流電路をなぜ直流で試験することがあるか?

それは、高圧電路がケーブルの場合、ケーブルと地面(対地)の間でコンデンサ(対地静電容量)が形成されるから。

PASのところでも説明したが、ケーブルが長いときには対地静電容量が大きくなり、交流インピーダンスが小さくなる。すると、試験用電源のパワーがもっと必要になり、これは困った状態になる。

そこで、交流での試験が難しい(パワー不足)のときには、直流で試験をする。

合格後や電験3種対策用

上に書いたように、電工1筆記試験の合格を目指すだけなら、上式を理解するだけで良い。

ただし、上式は6,600V のところが不正確。電工1合格後や電験3種対策には正確に理解を。

正確に言葉で説明すると

  1. 公称電圧(=使用電圧) の 1.15/1.1 倍が最大使用電圧

変電所からの距離が長いときは公称電圧を 6,600V として試験電圧を計算しても問題ない、規定より高い電圧で試験することになるから。

問題があるのは距離が近く、受電点での電圧=使用電圧6,600V より高いとき。高いのに 6,600Vで計算した電圧で試験をすると、規定よりも低い試験電圧での試験になってしまい、不正試験となる。

このときには、正しい使用電圧で求めた試験電圧で試験をしなければならない。

→ 過去問
H29年問37(試験電圧)
H26年問37(試験電圧)
H23年問35(試験電圧)

電圧印加時間

絶縁耐力試験は、試験電圧を連続して10分間かける(印加する)。

大事なので、もう一回繰り返すと、連続して10分間かける。

過去問

過去問(H25年問37)で出題された試験時間についての選択肢がこちら。

  • 試験電圧を5分間印加後試験電源が停電したので、試験電源が復電後、試験電圧を再度5分間印加し合計10分間印加した

試験のときには試験電圧を連続して10分間かけなければならないので、これが誤り。

→ 過去問
2019年問34(絶縁耐力試験の総合問題)
H25年問37(絶縁耐力試験の総合問題)
H21年問35(絶縁耐力試験の総合問題)

まとめ

高圧電路の絶縁耐力試験の重要ポイントは

  1. 試験電圧の計算式
  2. 試験時間は連続10分

試験電圧の計算式は、

重要ポイントをマスターし、あなたが1回で電気工事士1種に合格できるように応援している!

関連問題
2019年問34(絶縁耐力試験の総合問題)
H29年問37(試験電圧)
H26年問37(試験電圧)
H25年問37(絶縁耐力試験の総合問題)
H23年問35(試験電圧)
H21年問35(絶縁耐力試験の総合問題)

タイトルとURLをコピーしました